酸化タングステン

酸化タングステンは無水タングステン酸である、タングステン酸塩製品です。酸化タングステンはタングステンの酸化物で、タングステン鉱から単体タングステンを調製する工業の重要な中間体です。酸化タングステンは化学製品の生産に用いることができて、例えばペイントや塗料や石油工業触など;同時に、酸化タングステンは中間体である、たくさんの酸化タングステンは金属タングステン粉と炭化タングステン粉に使用されて、更に金属タングステン製品の生産に用いる、タングステンの合金製品を生産することを大量に応用している、例えばタングステン銅、タングステンニッケル、タングステンニフェ、タングステン銀、タングステン铼、タングステントリウムなど。現代工業領域に応用すると最も広いのはタングステンを基材にとして各種のマークと用途の硬合金製品を生産する。

酸化タングステンは気体感受性を備えて、二酸化窒素の検出、アンモニアなどの有毒ガスの検出を用いる。現在タングステンの薄膜ガスセンサーと酸化タングステンのナノ粒子センサーを備えている、ナノメートルセンサーの発見は、低濃度に有毒ガスの検出についての検出が大きく上げした。

酸化タングステンもフィルムの調製の重要な原料です。多くのフィルム材料に、三酸化タングステンフィルムいろいろな特性を持ち、例えば電気に変色、気に变色、光致变色、熱に変色、電気化学的性能など、三酸化タングステンフィルムは広い応用を得た、例えば器用に変色窓、ガスセンサー、PH計など。六十年代から三酸化タングステンフィルム材料の研究を始める、特にその電気に変色、光致变色的性能などの研究が比較的に多くて、著しい成果を収めた。